先日アメリカからこんな論文が発表されました!

先日アメリカからこんな論文が発表されました!

 

 

こんにちは☺

 

 

 

 

山梨県アルプス通り沿いの歯医者 歯科・矯正歯科GOODSMILEです!

 

 

 

天気の悪い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか(^^;?

 

 

GOOD SMILEスタッフは湿気にも負けずに頑張っております!(^^)!

 

 

 

 

 

先日アメリカの心臓学会の学会誌に歯周病、歯牙喪失と死亡リスクの関連性についての論文が掲載されました!


 



その論文によると、55歳から89歳までの女性で閉経した方57,000人を対象に心臓病の発作・発症、そして死亡について調査が行われたとの事でした。

 

 

 

そのうち歯周病の方は26%いらっしゃったとの事です。

 


結果は…歯周病が12% 歯が一本もない方が17%死亡リスクを高めていることが判明したと述べられていました。
 

 


つまりお口の中の状況が悪い方の方が死亡のリスクが高かったんですね!
 

 


​また、この論文により歯科医院への受診頻度も心臓病の発作・発症・死亡との関連性を持つことが示唆された、ともあります。

 





​たとえ虫歯にならなくても歯周病のリスクは、年齢が上がるにつれ高くなり続けるため、虫歯になりづらい方でも要注意です(*_*;

 



なんと40歳を越えるころには、歯周病になるリスクが虫歯になるリスクを越えてくるそうです(^^;

 

 

もし40歳を越えられて最近歯医者さんに行かれていない方は是非一度、近隣の歯医者さんを受診してみてはいかがでしょうか!(^^)!?


 


GOOD SMILEは画像のようにしっかり資料をとり、今のお口の中の状況を理解して頂いてからの治療を心がけております(^^♪


 




​もしご興味のある方は是非一度ご相談に来てみてください!


 




​歯周病予防なら歯科・矯正歯科GOOD SMILEへ(^^♪

 


​お電話お待ちしております♪


 

トップへ戻る